TOP

品川接骨院品川接骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

【運転時の腰の痛み】

みなさんこんにちは。品川接骨院の高倉です。
新型コロナウイルスの感染が再び拡大し始め、外出の自粛が要請されつつありますが、これからお盆になり地元に帰省される方も多くなってくると思います。
このような中で不特定多数の方々と一緒に移動する公共交通機関よりも自動車での移動を選択される方が多いのではないでしょうか。
長時間の運転により「腰痛」を訴える方はよくいらっしゃいます。
そこで今回は長時間の運転でなぜ腰痛が起こるのかという事をお話しします。
長時間の運転による「腰痛」の原因は、「運転姿勢」と「AT車」である事が主な要因になります。
まず「運転姿勢」ですが、運転される方は、背もたれを倒して、シートに浅く座った姿勢で運転をされる方が多いのではないでしょうか?
この姿勢では骨盤が後傾してしまうことにより腰椎のアーチが崩れてしまい、起立筋や腰方形筋など腰背部の筋などが緊張して負担がかかり、血行も阻害してしまいます。
そして、骨盤が後傾することで、骨盤の仙骨の先端部分(尾骨)が座面に着いてしまい、座面からの振動が直接背骨に伝わってしまうことで骨盤や背骨にズレが生じてしまいます。
そして「AT車」であること。なぜ「AT車」が腰痛の原因になるのでしょうか?
「AT車」で使用するのは主に右脚のみになっているはずです。使用していない左脚はフットレストに足をつけて、身体のバランスを保つ事が正しい運転姿勢ですが、ほとんどの運転手は楽な姿勢になろうとして、左膝を曲げた状態にしているのではないでしょうか。上半身も右腕だけで操作をして、左腕は肘置きなどに置きっぱなしの状態の方も多いと思います。
このように身体の右側だけで運転操作をしていれば、だんだんと身体は左に傾いていき、そのような姿勢で長時間運転することになれば、当然骨盤や背骨がズレてしまうため「腰痛」などになってしまいます。
それでは腰痛を予防するためにはどのような姿勢で運転をすれば良いのでしょうか?
運転時の姿勢で気をつけることは、
・左足はフットレストにしっかりつけて、両手で左右対象にハンドルを握り身体が傾くことのないようにすること。
・背もたれとの隙間がないようシートに深く座り骨盤を立てて座るようにすること。
最低限このことは意識して運転をすることをお勧めします。
また、どのような姿勢でも長時間同じ姿勢でいることは身体には大きな負担となるため、長時間運転するときはたくさん休憩をとり、ストレッチや体操を行うようにしましょう。
それでも長時間運転を行えば、身体にズレが生じてしまいます。ズレを放置すれば様々な身体の不調を招くことになるため、当院で矯正を行うことをお勧めします。
品川接骨院
診療のご案内
診療時間
月〜金 9:30〜20:00
土      12:30〜17:30
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅
当院では新型コロナウイルス感染対策とし、スタッフのマスク着用、手指やベットなどの消毒を徹底して行なっておりますのでご安心してお越し下さい。

2020.7.30

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • 治療事例はこちら
  • アクセス
  • 治療方針
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

relo club

RELO CLUB会員の方へ

RELO CLUB会員カードをご提示いただくと、初回に限り自費治療メニューの料金から10%OFF!