TOP

品川接骨院品川接骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

疲れ目①

こんにちは、品川接骨院の宍倉です。

今回は『疲れ目』についてお話し致します。

最近の患者さんで、目の疲れを訴える方が多くなって来たので、お話し致します。

疲れ目とは
目が重い、痛い、かすむ、しょぼしょぼする、まぶたがピクピクするなどの目に慢性的な疲労を感じることを疲れ目といいます。
目のピントを合わせる筋肉である毛様体筋を酷使したことで疲れ目を引き起こすこともあります。
症状が重いときは眼精疲労とも呼ばれて、頭痛や首、肩こりなど目以外の症状をともなうこともあります。

○日常生活から考えられる原因
①デスクワークによる目の酷使
パソコンやスマホの画面を長時間見続けたり、手元で細かい作業を行なっていると、目のピント調整を行っている毛様体筋が疲弊し、目に疲れが出ます。

②度の合わないメガネやコンタクトレンズ
自分に合ってないメガネやコンタクトレンズをしていると、毛様体筋が‘無理にピントを合わせようとして、目の疲れが出やすくなります。

③老眼
目線を近くから遠くにうつそうとするとぼやけて見えるという症状が出始めたら、老眼の可能性があります。老眼は40歳前後から始まる目の老化で、ピントを合わせようとする力が衰え、小さな文字を長時間読むようなことが続くと目が疲れやすくなります。

④自律神経の乱れによる血流の悪化
ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ることがあります。その結果、目の血流が悪化したり、目の乾きやすくなり疲れ目を招くことになります。

○疲れ目にともなう疾患
①ドライアイ
目を酷使したり、乾燥した室内に長時間いることで、目の表面を潤している涙が蒸発したり、分泌量が減って角膜が乾燥します。その結果、角膜に供給される酸素や栄養素が不足し、目の疲れやかゆみ、ゴロゴロとした異物感、充血といったトラブルを引き起こします。

②白内障
加齢などが原因で、レンズの役割をする水晶体が濁った状態です。
水晶体は濁ると元に戻りません。進行するにしたがって、老眼鏡をかけても細かい文字が読めなくなり、霧がかかったように視界が暗くかすみ、ぼやけて二重三重に見えたり、光がまぶしいなどの症状があらわれます。

③緑内障
眼圧が上昇して目の神経に障害が起きるのが緑内障ですが、最近では眼圧に異常が見当たらない正常眼圧緑内障も増えています。
視野の一部が欠けたり、光の周りに虹が見えたりする視界の異常の他、疲れ目や強い目の痛み、頭痛や吐き気などの症状が出ます。
ただし、自覚症状がない場合も多くあります。

上記の疾患は、一度お医者様に診てもらうとよいです。

当院では、頭部や顔や頚部をモルフォセラピーという治療法でアプローチしています。
目がスッキリした、目が開きやすくなったなど嬉しい声を頂いています。
目の疲れがある方は一度当院にご相談下さい。

最寄りの駅
新馬場駅
青物横丁駅
大井町駅
品川シーサイド駅

2020.1.20

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • 治療事例はこちら
  • アクセス
  • 治療方針
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

relo club

RELO CLUB会員の方へ

RELO CLUB会員カードをご提示いただくと、初回に限り自費治療メニューの料金から10%OFF!