TOP

品川接骨院品川接骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

【右下腿の脛腓関節の痛み】

24歳男性。デスクワーク

レンタルバイクを借りて走行していて、10km/hで走っていた時にバランスを崩して倒れそうになったので、右脚をついてバイク(約200kg)を支えた時に痛めたということで来院されました。
脛腓関節に圧痛があり、階段や荷重時に痛みがありましたが、膝の可動域は問題なく、受傷時に腫れや出血斑もなかったということでした。

下腿には脛骨と腓骨という2本の骨がありますが、この2つの骨は上部で関節していて、脛腓関節とよばれています。
この関節は普段あまり動く事がないのですが、今回脚を着いて重さに耐えたためにこの関節に強い負荷がかかり捻ってしまったようでした。

少し熱感があったため、冷却を行って関節の調整を行い、テーピングにより患部の圧迫を行いました。
2回目来院時は圧痛が残りますが、階段などの痛みは少なくなり、3回目にはほとんど痛みはなくなっていました。

このような脛腓関節の捻挫はそれほど多くはありませんが、他のケガでも早く処置を行うほど予後が良くなるので、おケガをされた際はできるだけはやくご連絡いただくことをお勧めします。


品川接骨院

診療のご案内
診療時間
月〜金 9:30〜20:00
土 11:00〜17:00
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅


当院では新型コロナウイルス感染対策として、スタッフのマスク着用、手指やベットなどの消毒を徹底して行なっておりますのでご安心してお越し下さい。




2020.10.16

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • 治療事例はこちら
  • アクセス
  • 治療方針
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

relo club

RELO CLUB会員の方へ

RELO CLUB会員カードをご提示いただくと、初回に限り自費治療メニューの料金から10%OFF!