TOP

品川接骨院品川接骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

【肋骨骨折】

50代男性。

海が荒れている時にサーフィンをしていて、波に飲まれた時に岩に身体を打ち付けてしまったそうです。

強い痛みと身体を動かすとぐずぐずと音が鳴るため、ただの打撲では無いと思われてすぐに病院行ってレントゲンを撮ってもらったところ1箇所に骨折らしい像があると言われたそうですが、1番痛いところとは別のところだったそうです。肋骨骨折はレントゲンに写りにくい部分があるため、後日別の病院でCTの撮影を行ったそうです。

結果が出るまで1週間ほどあり、その間バストバンドという固定バンドを使用していましたが、少し動くだけでも痛くて大変だったそうです。
結果は第11肋骨にはっきりと骨折の像が認められました。ですが、固定は変わらずバストバンドのみだったそうです。

肋骨は胸椎と胸骨に繋がっているため、骨折しても上下の肋骨などにも支えられて一般的にはバストバンドのみでも固定はできますが、第11肋骨と第12肋骨は浮肋と呼ばれ、胸椎にしか付いていなくて肋骨前方が浮いた状態になっているため骨折すると他の肋骨よりも不安定な状態になります。

この方も不安定感と後の偽関節の心配をされていたため、よりしっかりと固定するために当院にて体幹シーネを作成して固定を行ったところ、不安感が減ったと喜んでいただけました。

当院では外傷に対する処置を行い、症状に合わせて様々な固定材料から最適なものを選んで固定を行いますので、おケガをされた時には是非当院までご連絡下さい。


品川接骨院

診療のご案内
診療時間
月〜金 9:30〜20:00
土 11:00〜17:00
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅


当院では新型コロナウイルス感染対策として、スタッフのマスク着用、手指やベットなどの消毒を徹底して行なっておりますのでご安心してお越し下さい。

2020.9.15

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • 治療事例はこちら
  • アクセス
  • 治療方針
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

relo club

RELO CLUB会員の方へ

RELO CLUB会員カードをご提示いただくと、初回に限り自費治療メニューの料金から10%OFF!