TOP

品川接骨院品川接骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

ギックリ腰

30代男性。会社員。

1週間ほど前に家で前屈みになった時に腰に痛みが出たが、特に処置もせずに3日ほどで楽になり、その後、3日前に仕事で重いカバンを持ち上げた時に、今度は動けないほど腰が痛くなり、近くの整形外科に行ってレントゲン上問題ないと言われて薬と湿布を処方されたが、痛みが変わらないために当院にいらっしゃいました。

現在テレワーク中であまり身体を動かしていなかった事や、小さい子供がいてよくおんぶをするなどで普段から腰に負担がかかっている様子でした。また昨年の11月にもカバンを持って腰を痛めたが、とくに治療をしなかったとの事でした。

初検時、動作時の痛みが強く、歩行時の痛みは強くないが、立ち上がりや起き上がり、足を伸ばして仰向けで横になる事ができない状態でした。
痺れなどは無いが、骨盤が後傾して、仙腸関節にズレがあり、腰椎も後弯してズレも認められ、腹部の緊張も強かったため、モルフォセラピーにて矯正を行ったところ、痛みが減少し、足を伸ばして横になれるようになり、立ち上がるスピードも早くなりました。
痛みはまだ残るので、テーピングによる固定も合わせて行いました。

その後、3日後に来院された時には動きが良くなっており、痛みも8割ほど軽減したと喜んでいただけました。

このようにレントゲンの画像だけでは分からないようなズレが原因で、強い痛みが出ることもよくあります。もし何かしら痛みがで出た時にはできるだけはやく当院までご連絡いただくことをお勧めします。


品川接骨院
診療のご案内
診療時間
月〜金 9:00〜20:00
土 12:30〜17:30
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅

2020.5.14

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • 治療事例はこちら
  • アクセス
  • 治療方針
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

relo club

RELO CLUB会員の方へ

RELO CLUB会員カードをご提示いただくと、初回に限り自費治療メニューの料金から10%OFF!