TOP

品川接骨院品川接骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

治療事例

HOME > 治療事例

柱に足の指をぶつけて負傷

30代男性。会社員。

自宅で子供と追いかけっこをしていた時に、左足の薬指を柱にぶつけてケガをしたとの事で来院されました。

左足が全体に腫れていて、出血班と熱感もあり、薬指の付け根に強い圧痛があったので骨折を疑い、病院にレントゲン撮影を依頼しましたが、幸い骨折は認められませんでした。

しかし、痛みと腫れも強いので、薬指をショートアルフェンスにて固定し、足部を全体に厚紙にて固定をしました。

早期にしっかり固定したお陰で治りも早く、1週間後には腫れや圧痛は少し残りますが、日常生活には問題のないレベルにまで回復しました。

このように捻挫などのケガには大小に関わらず早期の固定が重要になります。もしケガをされた際はできるだけ早く品川接骨院で処置されることをお勧めします。


品川接骨院
診療のご案内
診療時間
月〜金 9:00〜20:00
土 13:00〜17:00
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅

2019.9.12

腕のシビレ

50代女性。主婦

右腕のシビレがあり来院しました。
もともと肩こり、腰痛がありたまに右腕のシビレも出ていたそうです。

初日の検査では特に異常はありませんでしたが、頸椎のズレと顎のズレ、股関節のズレがありました。
初日は首、肩の筋治療と首の調整を行いました。
2回目の来院の時はシビレが少し落ち着いてる状態ではありましたが、まだ残っていました。
2回目の施術では首の調整に加えて、顎の調整と股関節の調整を行いました。
その後数回調整を繰り返した結果、1か月ほどでシビレが取れました。
数年ぶりにシビレが出なくなったそうです。

腕のシビレで悩んでいる方も多いと思います。
根本の原因が首ではなく、顎や股関節にある可能性もあります。
品川接骨院では検査などをしながら、根本の原因を探していきます。

他で色々治療をしたがなかなかよくならなく悩んでいる方は品川接骨院までご連絡ください。

最寄り駅

青物横丁駅
新馬場駅
大井町駅
品川シーサイド

2019.9.9

椅子から立ちあがり腰痛

こんにちは、品川接骨院の宍倉です。

今回は腰痛の治療事例についてお話し致します。

40歳代の女性の患者さん

腰痛を訴えて来院しました。
発生機序として、長い間座りぱなしで急に立ち上がった時に腰と背中を痛めました。
その患者さんは発生して2〜3日後に来院されたので、炎症は少しありましたが、痛めた筋肉をかばって周りの筋肉が硬くなってしまいました。

治療として、患部のアイシングをして炎症を軽減させて、背骨と骨盤の方がズレていたので、オプションで矯正をつけてもらい当院の矯正法のモルフォセラピーを施行しました。
その後に、固まった筋肉に対して筋膜リリースをして緩ませました。

ママさんバレーの試合が近くにあるようなので、治療後は無事に練習も出来たので試合にしっかり出れるように治療していきます。

腰でお悩みの方、お困りでしたら、一度当院にご相談下さい。

最寄り駅
新馬場駅
青物横丁駅
大井町駅
品川シーサイド駅

2019.9.6

ケガをした後の強い肩の張り

60代女性。

1週間ほど前にスポーツジムで転倒。顎を強打し出血して、すぐに病院に行って3針縫われたとの事でした。

転倒した時にいろいろなところをぶつけて体全体が痛いとの事でしたが、特に肩の凝りがひどくて、頚にも不安定感があるため上を向くことがつらいために来院されました。

頚椎と胸椎のズレが認められて、肩甲骨の位置もズレていたため、筋の張りが強く出ていました。

モルフォセラピーにて椎体と肩甲骨の矯正を行なったところ、次に来院された時には筋の張りはまだ残ってはいましたが、前回よりも張りと痛みは軽減したと喜んでいただき、3日目には上が向けるようになり、5日目には上を向く時の不安感はほとんどなくなったいました。

このように強い衝撃を受けた後は必ずと言っていいほど身体にズレが生じています。
いつまでも痛みが続く時は出来るだけ早めに当院の施術を受けることをお勧めします。

品川接骨院
診療のご案内
診療時間
月〜金 9:00〜20:00
土 13:00〜17:00
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅

2019.9.5

70代の腰痛

70代男性。

来院前日に重いものを持ち、腰を痛めた方が来院しました。
もともと50代の時にも腰を痛めており、慢性的な腰痛もありました。

来院初日は腰を動かすのが辛く、ベッドに寝てもらうのも難しい状態でした。
特に前かがみが辛いとのことでした。
初日は腰部の筋肉の緊張が強く、特に腸腰筋の緊張がとても強かったです。

最初のうちは骨格の調整をメインに施術を行いました。
痛みが落ち着いてきてからは腸腰筋の緊張を取るための施術をメインで行いました。

その後も週に2~3回の施術を行い、ほとんど痛みが出ることはなくなりました。
現在は腸腰筋の緊張も取れ、今まで以上に身体の状態がよくなっています。

慢性的な腰痛を放っておくと、痛みが強くなることがありますので早めの治療をお勧めいたします。
品川接骨院では様々な施術法で、ひとりひとりに合った施術をしていきます。

最寄り駅

青物横丁駅
新馬場駅
大井町駅
品川シーサイド

2019.9.4

腰の痛み

こんにちは、品川接骨院の宍倉です。
今回は治療事例についてお話致します。

30歳代女性
趣味でジャズダンスをされている患者さんです。

症状は腰の痛みです。
背中から腰にかけての背骨のズレがありました。
そこに加えて骨盤のズレもあり身体がうまく使えない状態になっていました。
その状態の長い時間放置して腰が限界を迎えて痛みの発生に繋がりました。

初回の治療として、ズレが起きている背骨や骨盤の矯正(モルフォセラピー)を施行してのち、筋肉の調整を行いました。
矯正後は関節の可動域が上がり、痛みの軽減に結びつきました。
自分でも知らないところもズレが生じており、患者さんもビックリされていました。
一つ一つ治していき、健康な身体に1日でも早くなれるように全力でサポートしていきます。

腰痛でお困りの方、是非当院にご相談してください。

最寄り駅
新馬場駅
青物横丁駅
大井町駅
品川シーサイド駅

2019.8.30

寝違え(背中の痛み)

40代男性。会社員。


朝起きてから背中が痛くなり、痛みで左腕が上がらないとの事で来院されました。

原因は特になく、年に何回かあちこち寝違えて痛くなるそうで以前は鍼治療にも通っていたそうです。

身体を右にひねった時や左肩を 90度くらいまで上げると左の背中の痛みが強くなりますが、左肩自体は痛くないとの事でした。

胸椎のズレが大きかったので、モルフォセラピーにて胸椎を中心に胸椎から腰椎まで矯正を行なったところ、背中の痛みが軽減され、左肩も上がるようになりました。

このように寝違いの原因は骨格にズレから来ていることもありますので、このような症状のある方は是非当院にご相談ください。

品川接骨院
診療のご案内
診療時間
月〜金 9:00〜20:00
土 13:00〜17:00
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分
品川シーサイド駅

2019.8.31

腰椎椎間板ヘルニア

40代男性。デスクワーク。

右臀部から右下肢にかけてシビレと痛みがある方が来院しました。
病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断されていました。

2ヶ月くらい前から痛みがあり、初回来院の3日前より臀部にシビレが出てきたそうです。
座っていたり、あぐらをしたりすると辛いとのことでした。

もともと腰痛などもあり身体全体的に筋肉の緊張がありました。
当日は痛みとシビレが強かったので骨格の調整をメインで施術しました。
骨格の調整はモルフォセラピーを用いて行いました。
痛みやシビレは数日では改善されませんでしたが、1か月くらいで落ち着いていきました。

その後も週に2~3回の施術を行い、ほとんど痛みやシビレは出ることはなくなりました。
現在はたまに疲れがたまると腰が張り違和感が強くなる程度になりました。

シビレで悩んでいる方は多いと思います。
早めの治療をお勧めいたします。
品川接骨院では様々な施術法で、ひとりひとりに合った施術をしていきます。

最寄り駅

青物横丁駅
新馬場駅
大井町駅
品川シーサイド

2019.8.28

腰痛(テニスの練習中)

30代男性。会社員。

テニス練習中に進行方向とは逆側に飛んできたボールを打つため、急に体をひねった時に腰を痛めたとのことでした。

ギックリ腰というほどではありませんでしたが、前かがみや腰を反ったり、左右に体をひねる時に痛みがありました。

腰椎と仙骨にズレを認めたためモルフォセラピーにて矯正を行なったところ、施術後には痛みが軽減し、腰まわりの動きも良くなりました。

モルフォセラピーとはズレた椎骨や骨盤の位置を軽い力で正しい位置に戻すことで、腰や頚だけでなく、膝や肩などさまざまな症状に対しても効果のある施術です。

急性の痛みだけでなく、長く慢性の痛みで悩まれている方も当院にご相談ください。

品川接骨院
診療のご案内
診療時間
月〜金 9:00〜20:00
土 13:00〜17:00
JR大井町駅より徒歩10分
京急青物横丁駅より徒歩7分
京急新馬場駅より徒歩5分

2019.8.22

サッカーでの足関節捻挫

こんにちは、品川接骨院の宍倉です

今日は治療事例をお話致します。

患者さんは小学生の男性。
サッカーをしていた際に、左足関節を捻り負傷して来院されました。

来院時は腫れはあまりなかったですが、熱感はありました。
症状は、階段昇降時痛とジャンプで着地で痛みがあり
当院の検査をして、踵腓靭帯の損傷とわかりました。

初回処置として、アイシングとアイスマッサージをして炎症を軽減させました。
足関節が捻挫しているので、足関節のアライメントの矯正を施行しました。
そのあとに、テーピング固定と包帯固定を行い、患部の安静するように伝えました。

週末にサッカーの試合があるので、元気に出れるようにしっかり治療していきます。
足関節の捻挫でお困りの方、是非当院にご相談ください。


品川接骨院
最寄り駅
青物横丁駅
新馬場駅
大井町駅
品川シーサイド駅

2019.8.21

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

  • 交通事故診療
  • 施術メニューの料金
  • 治療動画
  • スタッフ動画
  • 治療事例はこちら
  • アクセス
  • 治療方針
  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

relo club

RELO CLUB会員の方へ

RELO CLUB会員カードをご提示いただくと、初回に限り自費治療メニューの料金から10%OFF!